カートを見る
0

ショッピング
カート

お気に入りリスト

お気に入り

TEL:042-682-2585

受付時間:10:00~18:00(土・日・祝日定休日)

会社概要 お問い合わせ

【おやじの作った】とうふとトマトの和風カプレーゼ風

【おやじの作った】とうふとトマトの
        和風カプレーゼ風

 

暑い夏の手頃な1品として、公開されていたレシピを材料面や自分の好みで
アレンジしてみたものです。

ぱっと見は、カプレーゼそのものの様ですが、和風のソースが
豆腐に合い、オリーブオイルがトマトにも合う料理。

 

簡単で美味しく、サラダっぽくてヘルシー。
ぱくぱくと食べてしまいます。

 

我が家では「おいしくてヘルシーで、食が進む!」と好評でした。

 

「本物のオリーブオイル」さえあれば、「おやじ」でも簡単にできます。
材料さえそろえば、料理は10分程度でできます。
あとは冷蔵庫で冷やすだけ。

 


この夏に、一度試してみてください!

 

 

 

 

 

使った材料の紹介(3~4人分)

 

 

 

①とうふ
 ・かための木綿豆腐         1丁

 

②ミニトマト             6~8個
 

③きざみネギ             適当
 ・私は、きざんだ九条ネギを使いました。

 

 

④ボイルエビ             6~10尾程度

 

⑤甘酢しょうが(ガリ)        市販の小袋の1/2

 

⑥白だし               スプーン大 2杯
 ・にんべんのものを使いました。

 

⑦ポン酢               スプーン大 1杯
 ・ミツカンのものを使いました。

 

⑧エクストラバージンオリーブオイル  スプーン大 2杯
 ・私はもちろん「カラマノリ ミルストーン」を使いました。
 ここでは「本物のオリーブオイル」を使う事がポイントです。

 

 

 


⑨塩                  スプーン小 1/2杯

 

 

 

 

 

使り方

 

 

①のとうふは、ザルなどに入れて1時間ほど冷蔵庫で水を切って冷やした後、
 薄めの短冊状に切る。(形は適当。上にトマトなどを乗せるので四角などの
 短冊状が良いか)

 

②のミミニトマトは、へたを取って水洗いし、縦に4等分に切る。

 

 

④ボイルエビと⑤甘酢しょうが(ガリ)は、適当な大きさに切っておく。 

 

 

【ソースを作る】
⑥⑦⑧⑨を混ぜ合わせ、使う直前まで冷蔵庫で冷やしておく。

 

大きめのお皿に、短冊状に切ったとうふを並べ、その上に
甘酢しょうが、ボイルエビ、切ったトマトを並べる。

食べる直前に、九条ネギをかけた上に。冷蔵庫で冷やしておいた
ソースをかけて出来上がり。

 

       

 

 

 

 

 

とうふとトマトの和風カプレーゼ風を試した結果

 

 
見た目はカプレーゼそのもので、トマトの赤が食欲を誘います。
を作った時に分かった、不思議な黄金トリオである白だし、ポン酢、
エクストラバージンオリーブオイルが今回も効き目を発揮しました。
 
 
甘酢しょうが(ガリ)を加えたのは、これまたオリーブオイルとの
相性が良いことは確認済みで、隠し味的に加えてみました。
 
 
ボイルエビは、とうふやトマトなどのベジタブル系材料だけでは
味と口当たりに少しもの足りなさを感じると思い、加えてみました。
 
 
暑い夏の1品として、割と行けると思います。
あっさりとしたサラダ感覚の中に、タンパク質も取れ、
簡単でヘルシーな1品と思います。
 
 
 
家族も、暑さが続きあっさりした食べ物を望んでいたことも有るのか
パクパクと食べていました。最後に娘が「お父さん、この残り全部
食べてもいい?」と言われ、私自身がもう少し食べたかったのですが
「仕方が無い。食べていいよ。」とにやけながら返事をしたほど。
 
 
 
 
皆さんも試す場合、しつこいですが「本物のオリーブオイル」を使う事が
ポイントです!
 
 
 
 
 
 
 
 
                            (by owner)
 
 
 
 
 
〜〜ギリシャのおいしいオリーブオイルを使えばご家庭
  でも本格ギリシャ料理が楽しめます!〜〜
 
   オンラインショップはこちら     https://olivemillstone.jp/products_cat/oliveoil