カートを見る
0

ショッピング
カート

お気に入りリスト

お気に入り

TEL:042-682-2585

受付時間:10:00~18:00(土・日・祝日定休日)

会社概要 お問い合わせ

オリーブオイルの品質グレードまとめ【最高級はどの種類?】

オリーブオイル グレード

 

オリーブオイルの品質グレードまとめ【最高級はどの種類?】

 

 

この記事を読むための時間:5分

 

オリーブオイルには品質を見極めるためのグレードがあります。これは世界各国が加入している国際オリーブ協会(IOC)によって非常に細かく規定されているものです。日本に住んでいるとなかなか意識しませんが、高級オリーブオイル購入を考えているなら、グレードについても意識を向けておきましょう。

 

バージンオリーブオイルとは

 

オリーブオイルのグレードで真っ先に出てくるのが「バージンオリーブオイル」というものです。これはオリーブの実だけを原料として、化学処理や高熱処理を行うことなく抽出したオリーブオイルです。このバージンオリーブオイルは更に4つのグレードに分かれており、上から順に「エクストラバージンオイル」「バージンオリーブオイル」「オーディナリーバージンオリーブオイル」「ランパンテバージンオリーブオイル」となります。

 

4つのグレードを分けるのは風味と香り、そして酸度です。オリーブオイルで言うところの酸度とは「遊離脂肪酸がどれだけ含まれているか」という数字です。エクストラバージンは酸度0.8%以下、バージンオイルは2%以下、オーディナリーは3.3%以下、ランパンテは3.3%を超えているものとなります。風味と香りはIOCに認められたテイスターによってブラインドテイスティングされ、決定されます。

 

オリーブオイル グレード

 

その他のオリーブオイルについて

 

オリーブオイルにはバージンオリーブオイルの他にも、精製オリーブオイルやピュアオリーブオイル、オリーブ・ポマス・オイルといった種類があります。精製オリーブオイルとは、バージンオリーブオイルの4つのグレードの中で一番下に当たるランパンテを精製したものです。脱酸や脱臭、脱色と言った処理を行ったもので、酸度0.3%以下のものをこう呼びます。

 

ピュアオリーブオイルは、国際オリーブ協会(IOC)の規定には無く、日本で作られた造語です。精製オリーブオイルに「ランパンテ以外の」バージンオリーブオイルを味付けブレンドしたものです。酸度は1%以下にしなければなりません。「ピュア」と言う響きが「最高に純粋な」と言う響きが有りますが、精製オリーブオイル関連オイルです。日本では単に「オリーブオイル」と表示されることが多いです。オリーブ・ポマス・オイルとは、バージンオイルを絞った後の搾りカスを使ったオイルです。搾りカスにもまだ油分は残っているため、これを有機溶剤を使ってオイル抽出します。「二番搾り」とも呼ばれます。先進国の多くでは、食用ではなく工業用のオイルとして活用にされますが、日本のJAS法では酸度が基準となるため、食用として認められています。オリーブオイルと表示されて量販店などで大変安く販売されていますが、オリーブオイルとは全く別物と考えた方が良いと思います。

 

エクストラバージンはギリシャ産がおすすめ

 

オリーブオイルの最高級品はエクストラバージンオリーブオイルです。香りや風味の素晴らしさ、酸度の低さ共に申し分ないと判定された、非常に上質なものとなっています。原産国にもぜひ注目してください。オリーブオイル主要なの原産国はスペインやイタリアですが、このエクストラバージンオリーブオイルに限って言えば、ギリシャの生産量の実に8割を占めています。品質のいい高級なオリーブオイルの購入を検討しているなら、ギリシャ産を強くおすすめします。

 

 

世界基準で厳選した「本物のオリーブオイル」を日本の皆様へ

ギリシャ屋 ミルストーン 公式HP

ギリシャ屋 ミルストーン

「本物のオリーブオイル」に徹底的にこだわり、世界最高品質と言われるギリシャ・カラマタ産をはじめ、ほとんど日本市場には出回らない希少なシングルエステート(単一農家)のオリーブオイルを提供しています。IOC(国際オリーブオイル協議会)の認証を保有し、ミシュラン星レストランなどでも愛用されています。

世界基準で厳選した「本物のオリーブオイル」を日本の皆様へ